◆炭化コルク

炭化コルク
断熱材には天然素材の炭化コルクを使用。
炭化コルクは、コルクの粒を型にはめ込み、高温の蒸気加熱と圧力を加えて生産します。
また、コルク自身のヤニで固形しますので、接着剤は使用しません。まさに、天然コルク100%の断熱材です。

コルクの特徴

コルク樫はポルトガル・スペイン・南フランス・北アフリカの地中海沿岸地域に群生しています。
木の寿命は150~200年ですがこれを伐採せず、羊の毛を刈るように丹念に樹皮だけを剥ぎ取ります。
コルクは再生力が強く9年の歳月を経てまた樹皮を再生します。
自然が育んだ大切な天然素材コルク。いつまでもその資源を大切に、緑豊かであることを願い利用されています。
素材内部に非常に多くの気泡を持ったコルクは断熱性・調湿性・遮音性に優れ、
その他、軽量でもありスベリンという成分を多く含むため、ダニやカビの繁殖を抑える防虫効果も持っています。
そして、意外に思われる方も多いかもしれませんが、防水性はもちろんのこと、高い防火性をも兼ね備えています。