◆漆喰(しっくい)

漆喰
もともと日本の住宅や建物の壁は、外壁も内壁も、土やしっくい(漆喰)で塗られていました。
耐火性・耐久性も高く古くから城や土蔵にも使われてきました。
このように合理的なのに、しっくいを代表とする湿式工法は、調合や現場での水練りなど手間と時間がかかるため、家づくりでは敬遠される傾向にありました。
しかし、あらかじめ材料を調合したり、塗った後に割れにくくするなど独自の工法を開発し、外壁・内壁・天井と、ほぼ家全体にわたってしっくいを使用しています。
外壁はあくまでも強く、内壁と天井は吸湿・放湿性に優れた特性で家の中の空気を浄化してくれます。
ビニールクロスでは得られない健康にあふれた住まいを、自然の生きた素材によって実現させています。

しっくいの特徴

市販のしっくいはわれ防止に下地処理剤に化学接着剤を使用しますが、
当社のしっくいは化学接着剤は一切使用しておらず、 麻つた(すさ)などを混ぜることで割れにくくしています。
100%天然素材のしっくいt表示してあると、すべて天然素材と思っておられると思いますが、実は、日本の法律では1%以下なら表示しなくてもよい事をご存知でしょうか?
建物の1%は・・・40坪の家の中に使用するしっくいは約80袋(20kg/袋)
20kg×1%=0.2kg
0.2kg×80袋=16kg
なんと最悪16kgの接着剤がしっくいの中に入ってしまうことになるのです。
接着剤が入っているかいないかは、燃やしてみたらニオイでわかります。
当然、当社で使用しているしっくいは化学接着剤ゼロです。
伝統的な塗り壁はすべて消臭効果バツグン。
当社のしっくいも化学接着剤を使用していませんので、本当にニオイがなくなります。
これは水分が出て行ったところに小さい穴があき、ここにニオイのミクロの分子が入って、時間がたつと分解されていくのです。(炭と同じですね。)
ところが市販のしっくいの中には、割れにくくするため、化学樹脂が入っていてその穴をふさいでしまって効果が減少するようです。
コンクの内外壁はすべてしっくいです。
内装については特に言いたいことがあります。多くの住宅カタログは外からだけの耐火のことしか書いていません。
本来、火事は中から出火するのにビニールクロスは燃えるのです。そして、ダイオキシンガスが出るのをご存知ですか?
1階で火が出て、クロスからダイオキシンやウレタンからの青酸ガスが出て中毒死してしまうのです。