私たちの家作りの考え

人にやさしい自然素材

木材は、その育った環境によって強度が異なり、品質が安定しない事が欠点と言われています。

そこで空創工房では、古くから高い強度の樹木を育ててきた歴史をもつ、紀州和歌山県の林業に着目しました。
江戸屋敷建造に用いられてから、確かな育林技術の継承によって実績を重ね、ブランド化した『紀州材』。
今ではそのズバ抜けた強度が、JASの厳しい認定基準と最新鋭の試験機によって明らかにされています。

空創工房が採用している柱は、強度と含水率を一本一本に刻印した無垢の紀州杉が標準です。
トレーサビリティーが高いことに加え、現在においても計画的な植林・育林が行なわれている紀州の森の木を
使うことで『循環型社会』にも貢献する、人にも地球にもやさしい家づくりを推進しています。

また、空創工房が選ぶ自然素材は、やわらかい温もりがあり、そこに暮らす家族に安らぎと癒しをもたらします。
小さな子供が寝転がっても心地よい無垢材のフローリングや、自然に湿気を調節してくれる壁材は、
家族全員が 健やかに暮らすための大切な要素です。

もちろん機能的なだけではなく、時と共に味わいをもった質感をかもし出してくる、経年変化を楽しめる素材でもあります。

夏涼しく冬暖かい

四季を問わず快適な住まい心地を実現するということは日本の家づくりにおいて、とても大切な要素です。

空創工房では、ウチにもソトにも快適であってほしいと願い、CO2の排出を控えながら、
夏に涼しく、冬暖かく暮らすことを目的とした家づくりに取り組んでいます。
過剰な断熱材の使用で資源を無駄にしないように、『熱移動の3原則』という基本にたち返り、
暑さ・寒さを伝えてしまう比率が一番高い『輻射熱』に対処する工法を選択しました。

それが『省エネ遮熱工法』です。
下地材に反射率のきわめて高い素材(遮熱材)を使うことで、夏は太陽や焼けこんだアスファルトなどから発生する熱線を
シャットアウトし、冬には住まうかた自身の体温や暖房器具の熱を奪うことなく室内にはね返します。

高効率で穏やかな温もりに包まれる、省エネルギーで身体にも地球にもやさしい工法です。
com3-3

「断熱材」とはグラスウールや発泡系材料、古紙綿状材料など一般的に使用されてきた材料です。
「遮熱材」とは米国では1920年から日常的に使われてきた反射材を云います。
com3-7

つながり間取り

空創工房では、「家族」を非常に大切な存在として家づくりの中心に考えています。

実際に設計を考えていく際には、家の中で家族全員が集う空間を中心に、そこから各個室をつながりを持って配置していく
「つながり間取り」という考え方を基本としてプランニングを進めていきます。
同じ家の空間の中で、それぞれの気配を感じながら、家族全員がコミュニケーションを絶やさない、
そんな暮らしをご提案したいと考えているのです。

また、この「つながり間取り」は、年月の経過とともにライフステージの変化にも対応できるような
「未来へのつながり」も考えた間取りにもなります。
tu3

サイトデザイン

私達はあまり意識していなくても、つねに太陽や風など「自然の恩恵」を享受しています。
良い家づくりの基本は、これらの自然エネルギーを生かして、暮らしの『質』を高めることです。
空創工房では家の間取りを考える前に「敷地を間取る」ことからスタートします。

その敷地において、夏の「風」はどの方向から吹いてくるのか、季節によって変化する「太陽の光」は
どの方角から指してくるのか、事前に確認の上で配置計画を考えます。

敷地条件が厳しい時でも、吹き抜けやトップライトなどプランニングを工夫することで、
風通しよく、明るく、暖かい生活が実現できることになります。
また、暮らしの質を高めるためには「緑との調和」、つまりお庭とのつながりも大切です。
アプローチや駐車場だけでなく、樹木やウッドデッキなど、自然とのふれあいを感じるご提案を心がけます。
sd3

健康住宅

健康に暮らせる家に住みたい!!

こんにちは!!
空創工房の榎本と申します。
このたびは空創工房ホームページに訪問くださいましてありがとうございます。

当社は住宅事業部を立ち上げた2003年当初は、建築業界に一石を投じたローコスト住宅を提案していました。

しかし、一生にいく度とない家づくりをするお施主様が本当に望むことは何か・・・?と考え
私が自分の家を建てるなら、せっかく建てた家でストレスなく快適に暮らしたいと思いました。
家のストレスには間取りの使い勝手の悪さや、シックハウス症候群やなどもありますよね。
そしてつい忘れがちで大切なのが、温度によるストレスです。

間取りは、敷地の条件を活かし、家族の生活パターンを把握することによりご家族に合った間取りができます。 シックハウス症候群などは自然素材の使用ですが、自然素材=健康に暮せるではないと私は思うのです。
それは、各部屋をエアコンやファンヒーターなどで温度を調節し、各部屋の温度は快適になっても、家の中に温度差ができてしまい、家全体の温度を考えた時の温度ストレスは改善されていないからです。

これでは、快適な家とは言えないのではないでしょうか・・・?

そんな事を考えていた頃、長女が誕生し『この子が大人になった頃、環境はどうなってしまうんだろう?』という思いが・・・。
そして、家づくりと環境が重なりました。
そんな思いから温もりがある自然素材と遮熱材を使用した特許遮熱工法が完成したのです。
しかし、ローコスト住宅から、遮熱工法への方針転換は、今までの実績や考え方の違いなどから、社員の反発は大きかったのも事実です。
それでも、全員で話し合い課題を1つ1つ乗り越え、現在では、当社の家づくりの理念を実現できるようになりました。
そして、住む人に優しい家は、環境にも優しい事がわかりクーラーやファンヒーターなど『機械』に頼りきった暮らしではなく、家そのものが冬は暖かく、夏は涼しい暮らしをご提案できるようになりました。


エアコンやファンヒーターに頼らない家

shikichi-

shikichi-1

r-1
冬には冷たい外気と土気を反射し、暖気を室内に戻す。

夏には熱線を反射すると共に、外壁からの輻射熱も
遮断し、室内の冷気を外部に逃がしません。
・勉強会に参加できます!
 弊社が主催している家づくり勉強会で、テーマに合わせた専門家をお迎えした講義です。

・特別招待見学会にご来場いただけます!
 お施主様に許可をいただき開催する建物の特別見学会にご来場いただけます。

・引渡し後のお客様の家が見れます!

 お引渡しが完了したお宅の心地よさが体感できたり、お施主様の声を直接聞けます!
 もちろん間取りのご参考にもなります。
建て替えを考えているあなたに
・家づくりの情報誌『すまいる通信』を毎月差し上げます!
 弊社発行の『すまいる通信』では家づくりの情報や暮らしの
 情報を、毎月無料にて差し上げています。
 家事が一段楽した午後のコーヒーブレイクにお読みいただいたり、
 就寝前のおくつろぎの時間にお読みいただける情報誌です。

さらに詳しく知りたいあなたへ・・・
家づくりをお考えのあなたに『無料』で差し上げます。
書店では入手できない情報満載!ご希望の方は右のバナーをクリック!!
他にも役に立つ情報満載の資料がございます!!!

dscf2251
家づくり学べます!

勉強会では遮熱材と断熱材による実験セットに実際に触れることで
夏の暑さの熱の伝わり方と熱のこもり方が確認できます。

 勉強会に参加された方々の声

 ★★★★★
 大変タメになりました。(二宮町 Y様)

 ★★★★★
 主婦にも解りやすく説明してもらえてよかった。(平塚市 I様)

 ★★★★★
 まだまだ知りたいことがあるので、これからも勉強していきます。(平塚市 K様)

dscf2qq251
実際の建物で・・・

見学会では建築中の建物で心地よさの
体感ができます。
お引渡し後のお施主様の建物も、
お施主様のご厚意により見学可能です。
いえいえ営業行為はいたしません!
見学会の主旨は、安心・安全な構造材を見学していただいたり、快適な家を体感してもらうことです。
したがって、ご来場者対象に営業行為はいたしません。(ご氏名等のご記入はお願い致します。)

完成見学会風景
w7

w8

w9

ご見学いただく建物は、お施主様に許可をいただき、大切な建物をお貸しいただき開催させて頂いておりますので、
下記の注意事項はお守りください。
・お引渡し前の建物ですので、貸し手袋を着用ください。
・建物内での飲食及び喫煙は厳禁です。
・お手洗いは仮設トイレをご利用ください。
・小さいお子様をお連れの方は手をおつなぎください
設備機器の操作・建具の開閉の際はスタッフに声をかけてください。(完成見学会)
壁に手を触れないでください。(完成見学会)
はだしの方は、貸しソフトスリッパをお履きください。(完成見学会)
 靴下をお履きいただき、ご来場いただくと、無垢材の温もりややわらかさを感じる事ができます。(完成見学会)

★ささやかな楽しみ方
靴下をお履きいただきご来場いただくと、スリッパは履かなくてご見学できますので、
無垢材の温もりややわらかさを感じる事ができます。 (完成見学会)

 見学会に参加された方々の声

 構造の強さを目で確認することができ、強い家とはどんな家かわかりました。(平塚市 O様)

 実際に住む方がいる建物を見れて、現実的にイメージが出来きたので、とても参考になりました。(二宮町 T様)

 遮熱材の効果が体感できて良かった。(平塚市 K様)